LPサイト制作のレイアウトの選択

LP(ランディングページ)サイトと一言でいっても、レイアウトにはいくつかの選択肢があります。
多くの情報を一枚の縦長のWebサイトに詰め込むのか、資料請求やお問い合わせのみのシンプルな1枚のページをスタイリッシュに掲載するのかは目的に合わせて作る事ができます。
コンバージョンにも大きく影響しますので目的に合ったレイアウトの選択が必要です。

レイアウトで選ぶ

商品・サービスの購入が目的

LPサイトで商品やサービスの販売をするため、情報量の多いサイト構成になっています。

商品・サービスの購入デザイン参考イメージ

商品やサービスの販売がを目的としたLP

一般的な美容品や健康食品などのネットでの販売を目的とした商品のLPのレイアウトの参考レイアウトです。
一般的な導線設計によって、よりコンバージョンを高めるための構造設計を行い、サービスや商品の購入を増やすためのLPを制作します。

ランディングページの一連の流れを説明します。
メインビジュアルで商品の特徴やメリットが一瞬で分かるようにコピーや画像で強調します。ファーストビューのメリットの訴求と訪問者の求めている事が一致する事でコンバージョンに大きく差が出ますので、最も重要な部分でもあります。
続いて商品説明や商品に関するベネフィット、他社製品との比較やお客様の声などを並べていきます。
実際に購入した人や体験した人の声はレビューサイトの人気でも分かるように近年最低限の項目とも言われています。
声の掲載が可能な場合は掲載する事をおすすめしています。

最終的に、商品の販売ページであればカートへのボタンをしっかり目立つように配置します。
このボタンを複数箇所に配置する事で最後まで読まない人に対しても誘導する事ができるため有効です。
LPで重要な、コピーとビジュアルさえ揃っていればほぼ鉄板パターンとなっていますので、要素をしっかりと吟味して内容を掲載していきましょう。
極端に長いページではなくてもしっかりとメリットを伝える事ができれば購入に繋がる可能性はグッとあがります。

資料請求やお問い合わせを得る事が目的

商品やサービスを販売するために、製品メリットを簡潔に掲載しお問い合わせを得るためのレイアウトです。

資料請求・お問い合わせ獲得デザイン参考イメージ

サンプル

キャンペーン・イベントの告知が目的

キャンペーンやイベントの告知を目的としたページで、キャンペーンに参加をすることを目的としたサイト構成です。

キャンペーン・イベントの告知デザイン参考イメージ

サンプル